CAMPFIREに着火しました

posted in: Campfire | 0

春を迎えました4月15日、新しい導火線としてcampfireに着火いたしました。

http://camp-fire.jp/projects/view/618

 

昨年の暮れの第2回See-D contest 2012で日本ポリグル小田会長にいただいたお言葉を思い出し、CAMPFIRE活動報告に寄せてみました。

「ココヤシのお酒飲んでみたいと思う人は、たくさんいるはずです。
商品として求められるものを作っていくこと、
フィリピンの現地で成長できる仕組みをつくること、
この2つを、バランスよく進めることが大切です」

contestがはじまり、毎年参加者が増えるなかで仲間も増えつつあります。
みんなで程よくパスを繋ぎ、いずれはプロジェクト自体が着火できますよう、 今後ともWanicの暖かいご支援をどうぞ宜しくお願いします。

 

また、今回のCAMPFIREでの目的は、「ボトル版Wanic」のプロトタイプの制作支援をお願いしたいと考えております。
Wanicを公の場で味わっていただくためには、まだまだ味・品質の改良を必要としています。
また国内では酒造免許の取得が必須となっているため、現状ではフィリピンもしくはラオスでしか製造・試飲ができません。
国内でWanicが飲めるまでにはまだまだ時間を必要としていますが、今回のCAMPFIREはWanicを皆様にお届けするための一過程とお考えいただけたら幸いです。
メンバー一同、精を尽くして商品化に取り組みますので、どうぞ末永く応援していただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 


Leave a Reply