WANIC VIENTIANE 2015 Release Party

WANIC VIENTIANE 2015がついに21日に販売されました。リリースに伴い、9月27日(火)ロフトワークにてリリースパーティを行いました。当日は20人にも満たない少人数のゲストでしたが、代表森住からの乾杯の挨拶からはじまり、お酒の効果なのか雰囲気のいい会場の効果なのか、ゆっくりと時間が流れていきました。

途中、See-D・Xiborg代表 遠藤謙さんのお言葉や、LAODI井上さん、Palo Aaltoから翔陸さんのビデオメッセージでWANICのいままでの形跡を振り返ることができました。

 

Wanicが始まり、6年の月日が経ちました。初リリースのお酒は、6年の月日が費やされています。
そこには、ビエンチャンで仕事をしてくれたラオス人の作業費、原料代、作成に掛かった費用、などが含まれています。

 

先日、値段が高くないかと言われてこのようなエピソードを思い出しました。

パブロ・ピカソの言葉にこんなのがあります。たった30秒で書いた絵の値段は100万ドルを請求され、女性は驚きます。”たった30秒しかかかっていないのですよ?” でもピカソは言います。”30年と30秒ですよ”

 

当日お越しいただきました皆様、どうもありがとうございました。また素敵なお花をお贈りいただいた陸さん、渡辺さやかさん、いまでも池村の部屋で綺麗に咲き続けています。また、当日お越しいただけなかった皆様も、どこかの機会で味わっていただけましたら幸いです。

 

6年の形跡がこもったWANICをどうぞ宜しく御願い致します。

 

w_img_4670

w_img_4748

w_img_4824

w_img_4825

w-1


Leave a Reply